読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパオトコは猛虎の夢を見るか?

尊大な羞恥心と臆病な自尊心。人喰い虎と成り果てた男の物語。果たして、人に戻れるのでしょうか。

僕の休日

これは、ある日の休日の流れである。

 

朝、いつもより少し遅く起床する。

いつもより長く寝ていたので、寝覚めがとても良い。

気力もバッチリだ。

 

カーテンを開ける。

とてもいい天気。

 

まだベッドで寝息を立てている彼女を起こさないように、静かに本を読み始めた。

朝に読書をできるなんて、最高の贅沢であろう。

 

一冊の本を読み終える頃、僕は彼女を起こすために、身体をゆすり、キスをした。

 

「おはよ」

 

彼女は眠たそうに、まだ起きたくないと、僕に抱きつき、ベッドに誘ってくる。

 

昨夜のセックスのあと、裸のまま寝ていた彼女。

とても綺麗な身体をしている。

 

「朝ごはん食べに行くんでしょ?」

「…分かった」

 

しぶしぶ起きて用意を始める彼女。

用意をするのに、30分もかからなかった。

 

 

僕たちは、電車に乗りカフェに向かった。

パンケーキが美味しいカフェだ。

 

美味しいパンケーキと、オシャレな雰囲気のカフェに大満足の彼女。

僕も満足だ。

 

そのあとは、本屋に向かう。

 

目当ての本を探しに、所定のコーナーへ。

僕は、本屋に来たら彼女のことはほったらかしだ。

目当ての本を買ったら、合流する。

 

彼女は、料理本コーナーにいた。

和食、中華、洋食と様々なジャンルの本がある。

 

 

「今晩は何を作ろうか?」

僕は尋ねる。

 

「大河は何がいい?」

彼女が返す。

 

「この本の料理、美味しそうなのがあるね。本を買って、このあと決めようか」

と、一冊の料理本を買うことにした。

 

僕たちは、昼食をとるため、本屋をあとにした。

 

「これ、美味しそうだね」

僕は、料理の提案をする。

 

「これ食べたい」

彼女は答える。

 

僕は料理をするのが好きだ。

休日は、彼女に料理を振る舞う。

仕事終わりに作る、簡単料理ではなく、少し手の込んだものだ。

 

 

最寄駅に帰って来た。

スーパーで食材を買う。

 

あれとこれとそれ。

あと、ワインも買おう。

 

料理を作りながら、ワインを飲むのが楽しみ。

簡単料理だと、一工程が短く、ゆっくり飲めない。

だから、手の込んだ料理だと、一工程が長くなるので、飲みながらできる。

 

彼女と、今日のことを振り返りながら、料理を作りながらワインを飲む。

出来上がるまでに、酔っ払わないように気をつけながら。

 

 

さて、料理の完成だ。

テレビを見ながら、ご飯を食べる。

 

「美味しいね」

 

と、お互いに楽しみながら料理を楽しんだ。

 

 

さて、夜も遅いし、お風呂に入って寝よう。

今日も楽しかったな。

 

明日から仕事頑張ろう。

 

 

と、いった1日でした。

 

 

全然盛り上がりがある訳でもなく、僕がやりたいことをしている休日です。

それでも、楽しんでくれれば、嬉しいなって思います。

 

これか、価値観が合うってことなんでしょうか。

僕は、そんな所が、居心地の良さを感じるポイントになるんじゃないかと思いました。

 

 

おわり

友達という存在

先日、友達に会った。

 

彼は、話したいことが話せる数少ない友達だ。

僕がナンパや恋愛活動をしていることも知っているからだ。

 

 昔は、僕は全然女性との縁がなく、かといって男友だちが多いわけでもなかった。

 

その当時、いつも同じ友達と付き合い、アニメやマンガの話をしながら日々を過ごしていた。

 

今でも彼らとの付き合いはあるし、久しぶりに会えるとなるととても嬉しい。

もちろん、その時の会話の内容は、アニメやマンガだ。

それ以外に、昔話だったり、仕事の話しもするけれど。

 

ただ、そんな彼らとは、恋愛活動に関する話しをすることは出来ない。

 

ナンパや恋愛活動をしていることを、知られてはいけないと思っているから。

 

男同士でいれは、女の話が出る。

 

「会社に可愛い子が入ったんだぜ!」

「お、いいねー!」

「うちなんか、おばちゃんばっかりだよ(笑)」

「女の社員が多いところはいいよなー」

 

なんて会話だけれど。

 

 

僕が社会人になりたての頃、それまでに付き合った人は一人しかいなかった。

大学時代に出来た、初めての彼女だ。

 

僕は嬉しかった。

彼女という存在に、心が踊った。

初めてのキスに、初めてのセックス。

 

初めてづくしの事に、毎日が楽しかった。

 

 

結局は、僕が原因を作って、別れを切り出されてしまうんだけれど。

 

それ以降、大学生活のなかで、彼女ができることはなかった。

 

 

そんなモテない僕が、ナンパや恋愛活動をしているとは思って欲しくなかった。

まわりには、モテない僕のままと思っていてほしい。

 

それに、ナンパしてますって、公言するようなものでも無いような気がするし。

 

 

でも、ナンパするのが好きだし、恋愛活動もしたい。

 

その事を誰かに話したい。

それを聞いてくれるのが、彼なのです。

 

彼は、努力家で、素直だ。

だから、恐ろしく成長が早い。

 

そして、僕のためにダメ出ししてくれる。

 

僕も負けられないなと思える人です。

 

僕の泣き言も聞いてくれるし、本当にかけがえのない友人だ。

 

 

友達っていいもんだ。

 

こんなこともありました

こんばんは。

 

今日は、こんなこともあったなー、と思い出した出来事があったので、ブログに残そうと思います。

あらかじめ断っておきますが、大した山場はなく、オチもありません。 そんな出来事があったなというような、ただの記録です。

 

 

ある日の夜。 僕は、寒空の中、ナンパをしに街に繰り出していました。

 

「今日はどんな出会いがあるのだろうか・・・」とワクワクしながら街を徘徊していました。

「すいませーん!」

「こんばんはー」

「そのコート、山賊みたいですね!」

 

僕は、仲良くなりたいなーと感じた女性に声をかけ続けていました。

 

声をかけ始めて20分くらい経過した頃。 あれは、確か、大きな横断歩道を渡ろうとした時だったと思います。

僕のすごくタイプの女性とすれ違いました。

メチャ美人です。

思わずなんて声をかけようかと悩んでしまいましたが、当たって砕けろ!と、すぐさま引き返し、彼女の後を追いました。

 

「すいませーん!」

「はい?」

 

振り向く彼女。 近くで見ても、想像以上の美人に、一瞬顔が引きつりました。

 

 

でも、せっかく声をかけたんだ。

 

僕は勇気を持って、一歩踏み出しました。

「カクカク、しかじか・・・一緒に飲んでくれませんか?」

「・・・すいません、これから用事があって、行かなくてい行かなくてはいけないのです。」

 

終わったか・・・ と、いつもなら、あんまりしつこくするのは、自分の好みではないのですが、今回は逃したくない!

ここで粘らねば!

 

「そうですか。じゃあ、用事が終わったら飲みに行きましょう!」

「でも、何時に終わるか分かりませんよ?」

 

お、これは・・・?

 

「いいですよ。僕も、時間になったら帰りますし。LINE教えてください。」

「あんあり返さないですけど、いいですか?」

「スタンプくらい返してください!笑」

「ふふっ。分かりません笑」 で、ラインを教えてもらいました。

 

・・・LINE交換中

 

「まなか、さんですね?」

「はい」

「僕は、大河って言います」

「よろしくお願いします。」

 

ぶっちゃけ、この時点で、僕はもう満足で、帰っちゃおうかなーとも思っていました。

この日の連絡はないんだろうなーと思っていたからです。

 

好みの女性と、出会うことができる。

僕は、ナンパの醍醐味を、この時十分に楽しむことができていました。

 

 

休憩がてら、バーで飲んでいた時、突然携帯が鳴り出しました。

 

何事だ?と思って、携帯を見ると・・・

 

「まなかさんだ・・・マジか、なんだ?」 と思いつつ、恐る恐る電話に出ました。

 

「もしもし、まなかです。」

「もしもし」

「用事が終わったんで、これから飲みますか?終電では帰りますけど」

「・・・行きましょう!」

 

今思えば、自分からオファーしておいて、この反応は無かったかなと。

 

まさか相手から連絡が来るなんて思ってなかったんですもん。

 

「では、合流しましょう」

 

ということで、彼女と合流することになりました。

 

「お疲れ様です」

僕と、彼女は、近くにあった居酒屋さんで、飲むことになりました。

事前に近くの居酒屋さんをリサーチしていればスムーズに店に入れたのですが、たまたま入った店がいい感じだったのが、不幸中の幸いでした。

 

「用事って、何してたんですか?」

「ちょっとした、買い物です」

 

僕は彼女と世間話を楽しんでいました。 しかし、終電までは1時間しかない。

とりあえず、話を盛り上げようと頑張りました。

 

相手の趣味のことや、好きなこと、恋人のこと。

 

それでも相手の食い付きを上げることが出来ず、タイムアップ。

 

駅まで彼女を見送りました。

 

 

その後、ラインを送ってみても、連絡が返ってくることはありませんでした。

 

 

おわり

人との付き合い方

こんにちは。

 

相変わらずの寒さに、毎日震えています。

さて、今日は人付き合いについて思うことを書きたいと思います。

 

自分が付き合っている人には色んな人がいます。

優しい人や、怖い人や、面白い人。

 

その人と付き合っていて、感じることは、人それぞれで、自分が抱いている印象と、他の人が抱いている印象とは違う可能性があります。

 

自分が思っている印象を、誰かに話すと、その人はそんな人じゃないと言う人がいます。

 

それはなぜか。

 

僕は、人によって態度が違うからだと思うのです。

 

人によって態度を変える。

字面を見ると、あまりいい印象はないですね。

 

でも他人がやっているとしたら、自分もやっている可能性はあるのではないでしょうか。

 

他人の振り見て我が振り直せと言う言葉がありますが、人がやっていることって、自分もやっている可能性が高いのです。

 

人によって態度を変えると言うことは、なんだか裏表があるようで、あまりいい印象を抱きません。

 

でも、人間だからしょうがないとも言えるでしょう。

 

でも、人から好かれるのは、表裏がない人間です。

 

でも、なんで表裏がない人間は好かれるのかというと、それは僕には分かりません。

 

僕の想像では、表裏がない人は、一緒にいて安心できるから、好かれるのだと思います。

 

素直な感じがするし、自分に本当の自分を見せてくれる感じが安心感を与えているのだど感じらからです。

 

 

人から好かれるためには、素直になること。自分を出すこと。

 

当たり前のことのようで、なかなか出来てないなと思う、今日この頃です。

 

 

 

おわり

最近の楽しみ

こんにちは、大河です。 ここのところますます冷え込むことが多くなりましたね。 みなさん、体調にお気をつけて日々をお過ごしください。 僕は相変わらずの社畜っぷりを発揮しております。 来る日も来る日も仕事ばかりしており、遊びに行く暇がないのが現状です。 僕一人であれば、適当に隙間時間に息抜きをすればいいのですが、天使ちゃんはそうはいかないのです。 普段から「どこか遊びに行きたいね」とは言われるのですが、なかなか連れて行くことができません。 旅行はおろか、休日のデートすらも連れて行けてない状態なのです。 そこで、仕事終わりに天使ちゃんと食事をする機会を多く設けるようになったのですが、食事の時間をもっと楽しんでもらえるようにしたいと考えるました。 うちの天使ちゃんの好きなものといえば・・・ 日本史が好きだ。 というわけで、日本史ネタを仕込むため、最近は日本史関係の本を読むようになりました。 学生の頃は全く興味がなかった歴史でも、今改めて学びなおすと、結構楽しいですね。 日本史の教科書で有名な織田信長や、豊臣秀吉徳川家康あたりも楽しいんですが、平安時代や、江戸時代に活躍する人物にも魅力的な人物がたくさんいます。 最近気になった人物は、菅原道真平賀源内。 二人とも歴史の教科書で聞いたことがある名前でしたが、詳しくは知りませんでした。 しかし、調べてみると、いろいろ出てきますね。 せっかく学んだことなので、次回以降、僕の気になった歴史上の人物について、紹介していこうと思います。 おわり

最近の低糖質食品はうまいぞ

こんばんは。

 

新年を迎え、さっそく仕事に明け暮れています。

来る日も来る日も仕事ばかりで、まともに遊ぶこともままなりません。

 

正月にダラケまくり、体型がよからぬことになっているわけですが、こんな状態なので、まとまった時間を取って運動することも出来ないです。

 

正直な所、日課の筋トレも疎かになっております…

 

それでも、ボチボチ体型を気にしなければいけないのは事実として、どうやっていこうか…

 

ということで、食生活の見直しに、低糖質食品を再導入しました。

 

 

今回導入したのは、低糖質豆乳と、低糖質プリン。

 

 

低糖質ですが、なかなか甘くて美味しいです。

コーヒーとバナナがあるのですが、僕的にはバナナがオススメです。

 

https://www.topvalu.net/items/detail/4549741036214/

 

 

 

あと、プリンがこれ。

去年、初めて発見し、時々食べていたのですが、今年になって食べていませんでした。

 

 

 

 

カスタード味と、ミルクココア味。

僕的には、カスタード味の方がオススメです。

 

卵の優しい甘さが、低糖質であることを忘れ去れてくれます。

 

 

 

いきなり甘いもの抜き!なんてのは、今の僕には出来そうにないので、これで騙し騙しやっていこうかとおもいます。

 

 

おわり

言葉ひとつで「彼女」は変わる

「彼女」について、僕は語ることが出来ない。

なぜなら、「彼女」の事を知らないからだ。

「彼女」がいつ生まれ、どんな風に育ってきたか。

「彼女」の趣味は、好きな食べ物は、嬉しかったことは、悲しかったことは…

 

でも僕は、「彼女」と親しい人でも知らない、「彼女」の事を知っている。

正確には、「知らないだろう」事ではあるが。

 

 

その夜、僕はストリートに出ていた。

今晩、共に過ごしてくれる相手を探すために。

 

ストリートに出て、ほどなくし、大きな交差点に差し掛かった。

その大きさの割には、人通りは少なかったと記憶している。

 

その交差点を渡るとき、「彼女」とすれ違った。

 

ショートカットが良く似合っていて、男と見間違えるくらいに身長がある。

僕はすぐさま引き換えし、横断歩道を渡りきったところで、「彼女」に追いついた。

 

 

僕は少し距離を置きながら「寒いね」と言った。

なんにもひねりが無い、その場の状況を言っただけだ。

 

「彼女」は、こちらを向き「寒いですねー」と返してきた。

無視されなかった。

僕は、話を続けた。

 

「そのマフラー暖かそうだね!」

相手の持ち物をいじる。

 

「そうですね。とても暖かいです」

「彼女」はそれに答える。

 

 

そこから、並行トークを続けた。

 

「彼女」は飲み会帰りで、宿泊先のホテルに向かう途中だったようだ。

「彼女」の顔が少し赤く見えたのは、お酒を飲んでいたからなのかと、僕は思った。

少し飲み足りなくはないだろうか。僕にはそのように見えた。

 

「これから居酒屋に行こうと思うんだけど、一緒に行かない?」

僕が聞くと、「彼女」は少し悩んだように見えた。

 

「ホテル近くなんでしょ?僕は、終電あるけど、むらさき(「彼女」の仮名)は帰れるんだから大丈夫だよ!」

僕がそういうと、「彼女」は「分かった」とついてきてくれた。

 

 

居酒屋では、他愛のない話をしていた。

僕自身、好みのタイプの女性という事もあり、純粋にこの空間を楽しんだ。

 

「彼女」も楽しそうにしてくれた。

今日の出来事や、明日の予定、自分の仕事について。

軽いボディタッチも出来るようになった。

 

 

「彼氏はどんな人なの?」

僕は、お決まりの質問で彼氏の有無を確認した後、彼女に質問した。

 

彼女は、「淡白な人」と、複雑そうな顔で話し出した。

僕は、「彼女」の話に共感しつつ、否定し続けた。

なんとなくではあるが、彼女が言ってほしいことが、分かったからだ。

 

 

「カラオケ行こうよ」

僕は、そう言って「彼女」を誘った。

「むらさきはいろいろ溜まってるみたいだし、ストレス発散にさ!それに、むらさきは歌うの好きなんでしょ?むらさきの歌聞いてみたいな。」

 

「彼女」は「いいよ」と答えてくれた。

 

 

カラオケでは、「彼女」の歌ってほしい歌を歌った。

そして、「彼女」にも歌ってもらった。

「彼女」が喜んでくれたのは、とても嬉しかった。

 

一通り歌った後、彼女の近くに座った。

僕は、「今日は一緒にいてくれてありがとう」と言った。

「彼女」は、それに答えるように「私こそ、ありがとう」と返してくれた。

 

 

そこから、キスをした。

 

 

「付き合う前にキスしたことなったんだよね?」

僕がイタズラに聞いた。

「大河だからだよ。本当にこんなこと初めてなんだから」

「彼女」は、ハニカミながら、そう答えた。

「今日は、初めてのこと、沢山だ。」

 

 

「行きたいところがある。もう出よっか」

僕は彼女の手を引いた。

「うん」

と彼女は、立上る。

 

 

外は、相変わらず寒かった。

 

 

入るときは、繋いでいなかった手を引いて、僕達は歩みを進めた。

 

 

 

これで終わり。

神様は気まぐれのようで、この後いろいろと試練を与えてくれました。

それでも最後、女神様は微笑んでくれましたが。

 

それも伴い、僕にとっては思い出深い一夜となりました。

 

 

おわり