読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパオトコは猛虎の夢を見るか?

尊大な羞恥心と臆病な自尊心。人喰い虎と成り果てた男の物語。果たして、人に戻れるのでしょうか。

夢の続きをもう一度

「ねえ、キスしよう」

 

 

「ダメ、恥ずかしいよ…」

 

 

「大丈夫だよ、誰もいやしない」

 

 

 

僕と彼女の唇が重なる。

 

初めて連出しをした彼女。

 

初めてアポをとった彼女。

 

僕は、その瞬間の事をよく覚えていない。

 

覚えているのは、彼女の薄い唇と、細い腕を折れそうなくらい強く握りしめている感触だけだった。

 

 

 

某日

 

 

「お久しぶりです!」

 

「あれ!ずいぶん可愛くなってて、誰かわからなかったよ!ww」

 

「お上手ですねw」

 

 

彼女との初めての出会いから約1月。

 

 

久しぶりの再会となった。

 

 

 

 

再会のキッカケとなったのは、コーヒーのお誘いをしたことだった。

 

相手の快諾から、今回のアポとなった。

 

 

 

今回の相手は、初めて連出しに成功した子だったから、よく特徴を覚えていた。

 

 

笑顔が魅力的な彼女は、どことなく綾瀬はるかに似ていた。

 

なので、ここでは彼女の事をはるかと書く。

 

 

 

久しぶりの再会を果たした二人。

 

僕は当初の約束通り、コーヒーショップを目指した。

 

 

 

コーヒーショップでは、雑談をほどほどに、彼女の恋愛遍歴と好みのタイプなどの恋愛トークを展開することを心がけた。

 

元カレのことや、理想のデートのことなども話題にした。

 

 

 

2軒目は、イタリアンレストラン。

 

 

お酒が苦手な彼女は、ちびちびと飲んでいた。

それでもみるみる顔が赤くなる。

 

 

トークの内容は、コーヒーショップの時よりも、少しディープな恋愛話をした。

 

場所によっては出来ない話もある。

 

 

ラポール形成を意識していたからか、相手がどんどん話してくれる。

 

こちらの誘導に上手く乗ってくれるのだ。

 

 

過去の恋愛遍歴とセックスに関する話題。

 

いろいろ話した。

 

今日の彼女はいろいろ話してくれる。

 

楽しそうだ。

 

 

 

でも、少し違和感があった。

 

 

 

それは、彼女からの質問が無いのだ。

 

 

 

相手からの質問は、こちらに興味があることの証明である。

 

 

しかし、ソレがない。

 

 

大きな秘密を話してくれているのに、僕に対する興味が無いのか?

 

一体彼女は何を考えているんだろうか…

 

ずっと疑問が頭から離れなかった。

 

 

 

 

2件目を出た後、僕は彼女を連れて街を歩いた。

 

 

夜風が気持ちいい。

 

 

「手、つないでいい?」

 

 

「うん」

 

 

 

僕は、彼女の手を握った。

 

 

握手の形の手つなぎから、恋人つなぎへ。

 

 

彼女からの、握り返す力はとても弱かった。

 

 

嫌なのかな…

 

不安がよぎる。

 

 

 

手を離そうとする。

 

 

 

握ってくる。

 

 

 

 

ますます彼女のことがわからなくなる。

 

 

 

 

でも、手をにぎることが出来た。

 

 

 

これは、ハンドテスト合格と言ったところか。

 

 

 

もう時間は9時を回っていた。

 

 

 

そろそろ帰る時間だった。

 

 

 

僕は彼女と駅まで一緒に行くことにした。

 

 

「今日はありがとう、楽しかったよ」

 

 

 

「ううん、ほんと楽しかった。こっちこそありがとう」

 

 

 

 

人気の少ない路を二人で手をつなぎ歩く。

 

 

 

「ねえ、キスしよう」

 

 

「ここで…?恥ずかしいよ」

 

 

「誰もいやしないよ」

 

 

 

 

僕は彼女の唇に唇を重ねた。

 

 

冷静でいられるように、意識しながら。

 

 

 

彼女は笑っていた。

 

恥ずかしさからか、どうか分からなかったけど。

 

 

 

 

その後は、何気ない会話を続け、駅まで歩いた。

 

「送ってくれてありがとう、気をつけて帰ってね」

 

 

「気を付けてね!」

 

 

 

「またね」

 

 

 

 

そう言い残し、僕は改札を抜けた。

 

 

 

 

なんとなくだけど、もう、彼女とは会えない気がした。

 

 

 

改札から振り返ると、そこには彼女はいなかった。