読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパオトコは猛虎の夢を見るか?

尊大な羞恥心と臆病な自尊心。人喰い虎と成り果てた男の物語。果たして、人に戻れるのでしょうか。

最近の気付きと地蔵解消

どうも、ブログの更新がご無沙汰してました。

 

更新がご無沙汰になっていたのは単純に書くネタが無かったからです。

 

僕が思う「ネタ」というのは、即(または準即)または連出しをしたことだと思っています。

 

なぜなら、このカテゴリーのブログを読んでいる人は、その結果を出すためにどんなトークをしたかとか、成功するトークスクリプトがほしいのだと思ってます。(これはあくまで推測ですが)

 

文章を読んでもらうためには、ターゲットのニーズを捉えなければならないわけで。

 

ただ、今時点ではさっぱり結果が出ていませんが、少しずつ成功に近づいてきた気がするので、せっかくだから成長の過程を書いてみようかと思うわけです。

 

今後自分と同じレベルになった時に感じる戸惑いや悩みの解消に少しでも力に慣れればと思い、筆をとった次第です。

 

さて、前置きが長くなってしましましたが、自分の気がついた事をお話しします。

 

 

それは、結果を出すためにはこつこつと継続することが大切であること。

 

何を当たり前のことを言っているんだと思われるかも知れませんが…

 

皆さんは「継続する」ということを継続出来ているでしょうか?

なんだか変な言い回しになってしまいましたが、最近一番思うことがこの事に尽きるので一番に上げました。

 

ナンパをするにあたって、初心者が一番最初に乗り越えなければならない壁に「地蔵」があると思います。

 

かくいう僕も地蔵していしまうことがいっぱいありました。

 

最近は殆ど地蔵すること無く、むしろ積極的に声掛けをすることができるようになりましたが、本当に今思えばもったいない時間を過ごしていたと後悔しています。

 

今日こそ結果を出すぞ!声をかけるぞ!という気持ちで意気揚々と家をでるわけですが、いざ街におりたってみると声をかけることに恐怖を感じてしまうことがありました。

 

その時の気持ちを振り返ってみると、いつも同じことで躊躇していたことに気が付きました。

 

それは、いつも声をかけない言い訳を考えていたということでした。

 

あの人には断られそうだ。

 

だって、あの人は早足だから用事がありそうだから。

 

あの人は機嫌が悪そうだ…

 

確かに、相手を観察し、どういう人なのかを想像することは大切だとは思いますが、想像した結果で声をかけないのであれば全く意味がありません。

 

ならばどういう理由で相手を観察するのか。

 

それはズバリその人がどういう人であるのかを想像するためです。

 

 

何を当たり前な事を言っているのかと思われてもしょうがないのですが、これは自分が思っている以上にできていないことだと思うのです。

 

その人の、性格はどんなのだろうか。

 

今まで何をしてきたのか、これから何をしに行くのか。

 

持ち物からどんな趣味の人なのだろうか。 

 

継続して行うことで、少しずつ人を観察するスキルが磨かれていき、どう話せばいいかということがわかってきて、成功体験が増えることで自信がつき、地蔵解消に繋がります。

 

 

結局はスポーツみたいなもので、継続して行かないとすぐにスキルが下がっていくのです。

 

結果を出している人は必ず努力をしています。

 

そして努力は継続してこそ努力と言えるのです。

 

 

さあ、今日も街に出ましょう。

 

 

今日行う努力を神様は見ているかもしれません。

 

 

今日の成功が、今後の人生を大きく左右することもあるのです。