読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパオトコは猛虎の夢を見るか?

尊大な羞恥心と臆病な自尊心。人喰い虎と成り果てた男の物語。果たして、人に戻れるのでしょうか。

着地点はどこにあるのか?ゴールから逆算する。

今回のエントリーは、地元駅でラインゲした方とのアポの様子と反省をお送りします。
 
結果的には、負けだったので、今回の記事が参考になるかどうかはわかりませんが、よければ読んでください。
 
 
 

1.出会い

 
声をかけたのは地元駅からの帰り道。
 
後ろ姿が素敵な女性がいたのですかさず声掛け。
 
「すいません」
 
相手からの反応は目を向けてくれただけ。
 
ショートカットがよく似合う、堀北真希似のスタイル良子でした。
 
(以下、真希子でお送りします)
 
そこから並行トークで自己開示を行い、立ち止め。
 
大河「ご飯行きません?」
 
真希子「もう食べてきちゃったんです」
 
大河「じゃあ、今度行きましょう!連絡するんでライン教えて下さい!」
 
で、ラインを教えてもらいました。
 
そこで少し立ち話。
 
相手の趣味や、今日何をしてきたのかを聞きました。
 
あんまりダラダラ話しててもいいこと無いので、また今度会おうといって放流。
 
 
早速ラインを送ってみましたが、あまり喰いつきがない感じでした。
 

 

2.アポ取りまで

 

喰いつきが感じられないまま、気が向いた時に連絡を送っていました。
 
なんとなくもうダメかな、と思った時、思い切って日時を指定してアポ打診をしてみました。
 
すると、なんとあっさり受領され、アポを取り付けることに成功しました。
 
 

3.アポ当日

 
その日はお互い仕事があったため、仕事終わりの時間を調整しての開始を予定していました。
 
少し余裕をもってアポ会場に向かったつもりが、真希子から1時間も早く到着してしまうという連絡がありました。
 
アポに遅れてくる女性はいても、こんなに早く到着する方はこれまでにあったことなかったので、面食らってしまいました。
 
結果的に、真希子の到着よりも30分ほど遅れて到着することになってしまいました。
 
僕は相手より遅れていくことがあまり好きではないのです。
 
なんとなく、主導権を握られてしまいそうだから。
 
アポ会場はよくある居酒屋。
 
チェーン店なので、雰囲気も何もあったものではありませんが、今日は準即を決めるつもりがなかったので良いのかなと。
 
さて、席につきドリンクを注文しようと思ったところで、真希子が話しだしました。
 
僕は、相槌を打つばかり
 
ふんふん
 
ふんふん
 
へー、そうなんだ!
 
・・・
 
 
20分経過
 
 
・・・
 
 
大河「真希子は何飲むの?」
 
真希子「あ、そうだったね。・・・これにする」
 
 
ようやく注文が出来ました。
 
なんとなく、この時点で会話の主導権が握れない気はしていたのですが、その予感は的中。
 
 
結局閉店時間までひたすら相手の話を聞く結果となってしまいました。
 
 
そんな中、恋愛遍歴の聞き出しや、髪に触れるなどのボディタッチが出来たのは良かったかなと思います。
 
 
店から出てからも、真希子はずっと話してきました。
 
店の席がボックスタイプだったので、近くにいけなかったのですが、店を出た後は肩が触れるほど近づいてきました。
 
これがLOLが3つで出ていれば、GOサインであるとの教えを守るべきだったのでしょうが、連出し先が自宅しかなかったので、今回は健全解散としました。
 
無理やり話を切り上げた時の真希子の顔がなんとなーく陰った感じがしたのが心の傷になりました。
 
うーん、メンタルが弱いなぁ。
 
 

4.反省

 
真希子とはその後、ラインのやりとりをしました。
以前よりも強い喰いつきが感じられましたが、一夜開けると、喰いつきも以前のように低くなってしまいました。
やはり、セクトラをかけなかったこで、気持ちが冷めてしまったんでしょうね。
 
・バンゲの時に仮にでもアポを取ればよかったかなと。
そうすれば、もっとスムーズにアポにこぎつける事ができたかもしれません。
あと、トークが盛り上がったところを見極めて、話を切り上げておけばよかったかなと。
ダラダラ話してて、気持ちが冷めてしまえば、面白くない人のレッテルを貼られてしまうおそれがあるからです。
 
セクトラしないのなら、アポは取らない方が良かったかな。
着地点を見定めておかないと、道筋が中途半端になってしまうから、今回のような結果になってしまったんだろうなと。
最初から引っ張るつもりなら、変に期待感を持たせないようにしないとだなと思います。
 
 
まあ、相手に聞いたわけじゃないので、自意識過剰乙と思われてしまうかもしれませんが(笑)
 
 
次は上手くやる。