読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパオトコは猛虎の夢を見るか?

尊大な羞恥心と臆病な自尊心。人喰い虎と成り果てた男の物語。果たして、人に戻れるのでしょうか。

初めてパーティに参加したときのはなし

僕は人との関わりが苦手です。
 
ナンパをしたり、合流したりするのは、こういう苦手意識を払拭するためなんだけれど、やはり拭いきることはできていません。
 
そんな僕が、新たな一歩を踏み出すため、人生で初めて、友人主催のホームパーティに参加してきました。
 
感想は、
 

メチャクチャ楽しかったです。

 
自分が思った以上に話すことができたし、知り合いも増えました。
 
女の子からも沢山バンゲ出来ました。
 
 
 
そこで、忘備録も兼ねて、今回のパーティでどのように立ち振る舞ったのかを、書いていきます。
 
 

1.とにかく自分が楽しもう

 
みんなが楽しんでいる中で、一人だけつまらなさそうにしていたら、果たして話しかけてくれる人はいるでしょうか?
 
僕なら話しかけづらいです。
 
逆に、楽しそうにしていて、盛り上がりの中心にいる人がいたならば…
 
きっと話の中に入りたいと思うでしょう。
 
自分が一番楽しんでいる!というテンションで、パーティの中に溶け込んでいくことこそが、楽しむための一番のポイントです。
 

2.話に入っていくときは、「こんばんは」で大丈夫

 
楽しむにしても、どうやって会話に入っていけばいいか分からない。
 
話しかけても無視されたら気まずいな…
 
そう心配して、一歩踏み出せない人が多いのではないでしょうか?
 
そんな時は、勇気を出して、元気よく挨拶しましょう。
 
ポイントは、元気よく、明るく挨拶することです。
 
別に面白いことを言う必要はありません。
 
きっと挨拶を返してくれます。
 
そのあとは、自己紹介でもして、話の輪に入れてもらいましょう。
 
ただし、一つだけ注意点。
 
小さな声で、挨拶してはいけません。
 
おそらくパーティ会場は周りが騒がしいので、気付かれない恐れがあります。
 
それで、無視されたと思ってしまっては、せっかくの楽しいパーティが台無しになりますから。
 
 

3.みんなで盛り上ろう

 
さあ、自己紹介が終わったら、会話をして盛り上がりましょう。
 
しかし、何を話せばいいか分からない、という人は多いのでは無いでしょうか?
 
そんな心配はいりません。
 
僕は、いろんな人達と話しましたけれど、適当に話してるだけで盛り上がれました。
 
ほんとうにどうでもいいようなことしか話してません。世間話をするような感じです。
 
最近何をしたか、当たり障りの無いことを話していればいいのです。
 
ただし、質問ばかりではダメ。
 
質問したなら、その回答をどんどん掘り下げていくことを意識して、トークしていくことがコツです。
 
そして、ちゃんと全体に話を振ることが大切です。
 
みんなが楽しく会話できているか、つまらなさそうにしている人はいないか。
 
そういう心配りができるかどうか、女性はよく見ています。
 
そして、そういう心配りをできることが全体をまとめることにつながり、女性はあなたに好感を持つことになるでしょう。
 
 

4.連絡先を聞こう

 
話も盛り上がり、相手のことがだんだん分かってきました。
 
せっかく出会ったわけですから、これからも仲良くしていきたいですよね?
 
ならば、連絡先の交換をしましょう。
 
「せっかく仲良くなれたし、連絡先交換しようよ!ラインやってる?」
 
でも、いいですし
 
例えば、話の中で、相手がお酒好きなことがわかったら、
 
「おいしいお酒が飲める、お洒落な店があるんだけど、今度一緒に行こうよ!連絡するから、ライン教えてよ!」
 
でもいいでしょう。
 
ここまでで、仲良くなっていれば、断る子はいないはずです。
 
堂々としていきましょう!
 
 

まとめ

 
ハッキリ言って、多人数の人と同時に関わることは苦手で、今まで逃げ続けていました。
 
でも、少しのコツを意識することで、人とのコミュニケーションのやり方を大きく変えることが出来ることに気が付きました。
 
僕は、先人の知恵と、実践するための少しの勇気があれば、これからも成長・変化をしていけるのだと思いました。
 
 
 
ちなみに、初めてパーティに参加するために、参考にした記事がこちらです。
 
 
 
asatoさんのこの記事には、パーティを楽しむための本質がとても分かりやすく書いてあります。
 
初めて参加するパーティだったので、すべてを使いこなすことはできませんでしたが、楽しむためのマインドセットをするために、大変に参考になりました。
 
 
こちらの記事は、読んで損することは無いでしょう。
 
 
 
おわり