読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパオトコは猛虎の夢を見るか?

尊大な羞恥心と臆病な自尊心。人喰い虎と成り果てた男の物語。果たして、人に戻れるのでしょうか。

春が来た

こんにちは、神原大河です。

 

少しづつ暖かくなり、春の訪れを感じます。
僕は春が大好きです。
ポカポカしていて気持ちがいいし、風も気持ちがいい。
そして、街が活気にあふれている気がします。

春は多くの人が新生活を始めます。
新生活が始まれば、新しい出会いがあります。

僕は新生活が始まるわけではありませんが、無意識に、新しい出会いがあることに期待を膨らませているのかもしれません。


さて、今回は一つ、上手くいった対人テクニックを紹介します。
多くの人が、新しい出会いを経験する季節。
参考になればと思います。


■今回紹介するテクニック

「初めて会った時の会話の内容を、次回に会った時に話す」


簡単なことですね。
ポイントを意識をしておけば、次回会った時の会話を盛り上げることができます。

新しく引っ越してきた人と、ゴミ捨ての時にバッタリ会った時にでも、試してみてください。


ポイントは2つあります。

・ポイント1
「相手はどんな人なのか、聞いておく」

相手は何をしている人なのか?
今まで、そして、これから何をする人なのか?
それを押さえておきましょう。


・ポイント2
「具体的なことを、聞いておく」

その人に関わる、具体的なことを知っておきましょう。
例えば、相手が新社会人だったとして、入社式はいつなのか?
営業職なのか、技術職なのか?
学生だったら、入学式や、どんなことを学ぶのか。

ただ、深くプライベートに関わることは聞かない方がいいです。
相手の趣味や、好きなものなど。
当たり障りないことを、具体的に聞いておきましょう。


この2つのポイントを押さえた会話例を紹介します。

シチュエーションは、朝のゴミ捨て場。
一人の女性が、ゴミ袋を持って、キョロキョロしています。
聞いてみると、引っ越してきたばかりでゴミの出し方がわからない様子。

あなたは、女性にゴミの出し方を教えてあげました。


女性「ありがとうございました」

自分「いえいえ、分かりづらいですもんね」

自分「今度、学生になるんですか?

女性「いえ、社会人です」

自分「そうなんですね。いつから始まるんですか?

女性「○月○日からです

自分「もうすぐですね。がんばってください。それでは」

女性「ありがとうございます」


ここで、二人は別れました。

 

別の日

今度は、廊下でバッタリ彼女に出会いました。


自分「ここでの生活にはなれましたか?」

女性「うーん、まだですね」

自分「まだ早いですよね」

自分「そういえば、仕事が始まるの、○月○日からでしたよね。もうすぐですね

女性「そうなんですよー!」

女性「やっぱり・・・大変ですか?」

自分「大変ですね。でも、楽しいですよ!不安ですか?」

女性「はい・・・」

 

そしてあなたは、女性の話を聞いてあげ、困った時は連絡してと、連絡先の交換と、今晩食事に行く約束を取り付けることができました。

 

今回の場合、ポイント1としては、相手が社会人なのか、学生なのかを把握しました。
そして、ポイント2として、仕事が始まる日を押さえました。

特に、日付という、具体的な数字を抑えることは大切です。

人が一番興味を持つのは、自分のこと。
前回話したことを、話題に出してくれるとは、話の内容を覚えていてくれる=自分に興味を持ってくれていると認識するそうです。


彼女は、初めて社会人になる不安を溜め込んでいました。
しかし、引越して来たばかりで、他に頼る人がいない。
その不安を汲み取ってくれた、あなたに対してオープンしてくれたのかもしれません。

 


今回は、新社会人との会話例でしたが、ビジネス相手との会話でも有効に使えます。

仕事を進める上で、雑談は大切だといいます。

相手の趣味や、ご家族のことを話題に出して見るのもいいですね。


■おわりに

僕のブログを読んでくれている方の中には、これから新生活を始めるという人もいると思います。


僕はここのところ、新しい環境に移り住んでいません。
ですが、新社会人になる時の、不安と期待が入り混じった気持ちは今でも覚えています。

 

それだけ、新生活を始めるということは、人生においての一大イベントといえるということです。

 

会話の例では、新生活を始める人を相手にした内容になっていますが、それは新生活を始める人同士でも同じです。

 

せっかくの新生活。

思い切ってみるのもいいですよ。

 

 

 

おわり