読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパオトコは猛虎の夢を見るか?

尊大な羞恥心と臆病な自尊心。人喰い虎と成り果てた男の物語。果たして、人に戻れるのでしょうか。

彩の国の素敵な居酒屋、「基」に行ってきた

僕は大宮駅で、居酒屋を探していた。

 

平日にもかかわらず、多くの人で溢れている。
疲れた顔で改札に向かって行く人、顔を真っ赤にして、同僚と思われる人たちと笑いあっている人。
これから待ち合わせだろうか、豆の木の下で退屈そうにしている人。
いろんな人がいた。

 

そんな僕は、食事をするために、大宮に来ている。
付き合いの長い女性との食事だ。

気の知れた仲の女性だけど、親しき中にも礼儀あり。
僕は常に、最高のおもてなしを心がけている。

下手な店には連れていけない。


が、しかし。
普段大宮に来ることがない僕は、大宮の食事情について、無知に等しかった。

 

やばい、どうしよう・・・


約束の時間まで、あと少し。
豆の木に語りかけても、何も助言をくれないまま。
ただただ、時間が過ぎていく。

今日の約束は突然決まったから、何も考えていなかったのだ。


結局、僕はgoogle先生に教えを乞うことにした。
「大宮 居酒屋」で検索。



色んな店があるものだ。

その中で、1件気になる店があった。
「おでんと魚菜 基」
たくさんある写真を見たところ、店の雰囲気はなかなか良さそうだ。

口コミもたくさんある。
口コミを見てみると・・・

「通いたいお店」
「カウンター」
「エロい薄暗さ」
コスパ高い」
「刺身がうまい」
「おでんが美味い」
「掘りごたつ」
「エロい」
「いい雰囲気」
「エロい」
「綺麗めな居酒屋」
「エロい」
「エロい」
「えろい」




ふむ

普段は口コミを重要視しない僕だけど、今回はここに行ってみることにした。


・・・


店が決まった時、ちょうど彼女も駅に到着した。
仕事終わりの彼女。
相変わらずカッコいい。
美しさの中に、カッコ良さがある。

春っぽい柔らかさがあるけど、タイトスカートで・・・
そこから覗く、黒いストッキングで包まれたすらっと伸びた脚。

 

はっ、いかん!
見とれている場合ではない。


「さっき、脚見てたでしょー」

 

バレバレである。

 

「ふふふ。大河と会うから、このストッキング履いて来たんだよー。大河、好きだもんねー」

「むむっ!僕はもっと濃い目の方が好みであるぞ!」

「はいはい。照れ隠し乙。で、どこ連れて行ってくれるの?」

 

このザマである。


しかし、彼女はいつでも美しい。
なのに、この僕ときたら・・・
自分で自分に喝を入れてやらんな。


・・・


さて、今回行く店「基」は、大宮のランドマーク的存在「ソニックシティビル」の近くにあります。

 

f:id:tiger-kanbaru:20170410191118j:image

 

「基」はビルの地下一階にあり、少し分かりづらかったです。


店の外にある、この看板が目印です。

いかにも、高級な雰囲気が出ていますね。

 

f:id:tiger-kanbaru:20170410191011j:image

f:id:tiger-kanbaru:20170410191023j:image

 

口コミにある、「コスパ高い」とは一体何だったのか?と思ったところで、後の祭り。
彼女の前で、店を変える宣言をする勇気はありませんでした。

 

彼女を引き連れ、地下へつづく階段を下っていきます。

 

f:id:tiger-kanbaru:20170410191052j:image


店の脇の生簀では、ヒラメさんがお出迎えしてくれました。


さて、店内の雰囲気は・・・

 

いいですね。
薄暗いですね。
のれんで仕切られた、掘りごたつもありますねぇ。

 

 

しかし、お客さんでいっぱいでした。
ワイワイ、ガヤガヤ。と店中が活気に満ち溢れています。
店の雰囲気に反して、賑やかい印章でした。


入れるかな?と思っていると、店員さんがやって来ました。

 

「何名様ですか?」
「2人です」
「カウンターへのご案内になりますが、よろしいですか?」
「・・・お願いします」


僕達は、カウンターへと移動しました。

 

 

そこで待っていたのが、板前さん。
明るい挨拶と、爽やかな笑顔が素敵でした。
もう、その時点で、好印象ですね。
板前さんに勧められた席につきました。

 

 

カウンターは、程よい明るさでした。
隣の席とのスペースが十分にあったので、ゆったりと席につけました。
周りのお客さんに、大きな声で会話をしている人がいなかったことも、良かったです。

 

f:id:tiger-kanbaru:20170410191306j:image

 

 

彼女も店の雰囲気を気に入ってくれたようで、僕は一安心でした。

 

 

■お酒のメニューをみました。

 

f:id:tiger-kanbaru:20170410191230j:image


日本酒の種類が多かったです。

今回の目当てが、刺身とおでんだったので、日本酒がいいなと思っていたので、存分に楽しむことができました。

 

あと、スパークリング日本酒ことに、彼女はとても喜んでいました。

f:id:tiger-kanbaru:20170410191455j:image


■刺身の盛り合わせ

 

f:id:tiger-kanbaru:20170410191325j:image

 

■おでん

 f:id:tiger-kanbaru:20170410191404j:image


大根がとても大きかったです。

 

他にも煮物や、唐揚げなどを食べました。


お会計は、二人で1万円ほど。
二人が満足するほど飲み食いして、この値段だったので、大変満足でした。


今回は、運良く入店できましたが、週末などは予約をしていかないと、入店できないかも知れません。
なので、「基」はアポで使うのがいいと思います。

 

 




食事の後、僕は彼女を駅まで送っていった。
「美味しかったねー」
「また来たいねー」

などと、他愛もない会話を続けていた。

店から駅まで、そう遠くない。
あっという間に改札に到着してしまう。


「明日は、お互い仕事頑張ろうね」
そういう彼女。

 

それはつまり、別れの合図。

そう思った僕は、「うん、頑張ろうね」と、何気なく返した。

 


「明日、仕事がなくなればいいのになぁ」

「そうだね。そうすれば、もっとゆっくりしていられるのにね」

彼女は、独り言のように呟く。

 

「・・・あのさ。明日は打ち合わせ場所に、直行なんだ」

「そうなんだ。だったら、明日は気合い入れてかないとだね!」

彼女は、つぶやき続ける。

 

「今日は早く帰ろうね。寄り道しちゃダメだよ」

そういって、僕は彼女を改札まで連れて行った。

ちゃんと手を引いて、見送った。


改札を抜けた彼女は、一度振り返って手を振った。
僕はそれに手を振り返す。


僕は、彼女が見えなくなるまで、見届け続けた。

そして、彼女は振り返ることはなかった。

 

おわり

 

■お店の情報
「おでんと魚菜 基」

 

営業時間
[月〜金・土]17:00~24:00 LO23:00
[日]17:00~23:00 LO22:00

 

住所

埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-158-2 スプリングアートビルディング 地下一階