読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパオトコは猛虎の夢を見るか?

尊大な羞恥心と臆病な自尊心。人喰い虎と成り果てた男の物語。果たして、人に戻れるのでしょうか。

ダンスど素人の僕が、ダンスに目覚めた日

僕は運動ができない。


スポーツは好きだけど、苦手だ。


団体競技は、本当に苦手である。
なぜなら、チームの足を引っ張ってしまうことが嫌だからだ。
自分が原因で試合に負けてしまうなんて、あってはならない。
僕の心がお亡くなりになってしまう。

 

僕は個人でするスポーツをすることが好きだ。
今まで、ランニングや、登山、サーフィンなどをやってみた。


どのスポーツも、楽しかったし、体も少しずつ引き締まっている実感を得られた。

 

しかし、「手軽」にできて、「スキル向上」が楽しめるスポーツという訳ではなかった。

週末しかできないスポーツでは、なかなか続けることがむずかしいのだ。

 

登山やサーフィンは、山や海に行かなくてはいけない。
都内から移動するとなると、時間とともにコストがかかる。

 

手軽なスポーツといえば、ランニングだ。
しかし、ランニングはなにかスキルが付くかどうかといえば、NOである。
長距離走れるようになるのは、とても嬉しい。
しかし、スキルを成熟させるというわけではなかった。

手軽に始められて、スキルが付くスポーツは何かないか?と思っていた。
そんな頃、ツイッターでダンス練習会が開催されることを知った。
主催者は、ダンサーさんと、koheiさん。

僕は、これだ、と思った。
ダンスは手軽に出来るし、スキルが付く。
早速参加の申し込みをすることを決めた。

 

しかし、少しためらいもある。
本当に出来るのだろうか?という不安があったからだ。

実は、過去に2度、ダンスをしてみたいと思ったのにもかかわらず、諦めてしまったことがある。





1度目は、僕が高校生の時。
なにかカッコイイ趣味を持ちたいと思っていた僕は、ふと、ダンスがやってみたくなった。


インターネットが満足に使えない環境にあったので、ダンスの本を買いに書店に向かったことを覚えている。
書店でダンスの月刊誌を買った。


僕はとにかく、「カッコイイダンス」を踊れるようになって、モテたいと思っていたのである。
やっぱり、一番カッコイイのはブレイクダンスだろうということで、雑誌に載っていた、ブレイクダンスの基礎「6歩」をやってみた。
しかし、雑誌の写真だけではイメージすることが難しく、合ってるかどうかも分からなかった。
そして、そのままダンスの道を諦めてしまった。

 


2度目は、社会人になってから。
一時期、ジムに通っている時があった。


僕が通っていたジムには、スタジオレッスンというものがあり、学校の授業のように時間割がある。
そのなかに、ダンスエクササイズ講座というものがあった。


みんな慣れた動きで、インストラクターの動きと見事に一致している。
そんな中、僕が参加してもいいものかと、地蔵してしまったが、意を決して参加した。


案の定、僕は全然踊れず。
インストラクターの動きについていくのがやっとだった。
そして、その一回を最後に、僕は2度と参加することはなかった。





そんなことがありながらも、僕は参加を決意した。
新しいことを始める時に、不安はつきものである。
僕は、意を決して、参加申し込みのDMをダンサーさんに送ったのだった。

 




 

ダンスレッスンは、都内のスタジオを使用して行われました。
初めてのダンスレッスンに、意気揚々とする僕。
そして、講師のお二人に会うのも、とても楽しみでした。

 

会場で最初に会ったのは、ダンサーさん。
爽やかな笑顔のナイスガイ。

僕はダンサーさんの歌声を知っているので、話しかけられた瞬間に、誰であるかが分かりました。


でも、あわわ・・・となっていた僕は、うまく返答できず、テンパるという失態をおかしてしまいます。
それでも、優しく対応してくれました。

 

ダンサーさんを知ったのは、元々カラオケがキッカケでした。
カラオケ工学を提唱しており、僕は工学生です。

 

しかし、ダンサーさん、アカウント名がダンサーさんということもあり、歌だけでなく、ダンスにも長い経歴をお持ちです。
ダンス歴10年以上で、ヒップホップやロックの他、ジャズ、バレエ、フラメンコと、多様なダンスが踊れる、歩く芸術品なのでした。

 


次にお会いしたのが、koheiさん。
ツイキャスで声だけ聞いていたのと、風の噂で恐ろしい風体をしていると聞いていたので、僕はガクブルだったのですが、会場に到着されて、声を聞いた時に、「あれ、イメージと違う」となりました。
とても優しそうな笑顔をされた、兄貴という言葉がよく似合うお方でした。

 

Koheiさんも、ダンス歴10年以上の経歴をお持ちの他、ダンスチームを率いてのダンスバトルへの参加や、プロダンサーとの交流や、ダンスイベントの運営など、プレイヤー以外の面でも深くダンスに関わられています。

 

2000人以上観客動員したイベントへの出演経験もあり、経験の深さの底が全く見えません…


そんなお二人の教えの元、僕のダンスレッスンが始まりました。




 

ところで、ダンスに対して、どのようなイメージを持っていますか?

僕の持っていたイメージはこうでした。

 

・かっこいい
・モテる
・複雑な動き
・難しい


ダンスというと、出来ればカッコいいし、きっとモテるんだろうなーというものがありました。
でも、難しいし、真似できないよ。と。


しかし、レッスンを受けてからは、そんなネガティブなイメージがなくなりました。

最初にダンスの基本を教えてくれるのですが、ダンスの大切なことが分かりました。


ダンスは一見複雑な動きをしているように見えるが、シンプルな動きを組み合わせることで、複雑でカッコいい動きに見えたということです。


それを一つづつ分解して、教えてくれました。


複雑な動きなんてほとんどないし、真似はできる。
基本の動きはシンプルで、それを組み合わせれば、再現できる。
ちょっとしたポイントを押さえて、先生の動きを真似すれば、自分でもカッコいいダンスができるようになる。

 


もちろん、レッスンを受けたから、すぐに先生と全く同じダンスが踊れるわけではありません。
練習しないと、先生の域に達することはできないです。

 


シンプルな動きだけれど、シンプルが故に奥が深い。
ダンスの練習は、鏡を見ながら自分の動きを確認するのですが、先生の動きと自分の動き、同じことをやっているのに、全然違いました。

 

カッコよさというか、キレの良さというか。


これは、実際に体験して見ないと、わからない感覚です。


あと、ダンスの基本動作は、家でも簡単に練習することができます。
実は、僕はこの記事を書きながら、一つの動作の練習をしています(笑)

 

アイソレーションという動作で、とてもシンプルなのですが、とても大切なダンスの基本です。


他にも、ブレイクダンスや、ロックダンスの基本について、詳しく教えていただけました。

 


ダンスレッスンに参加してみて実感したことは、先生が目の前で実演してくれることのメリットの大きさでした。
テキストや、写真で伝える範囲は限られます。

また、自分の動きって、自分で思ったようにコントロールできていないんですよね。


できてると思っていても、動画で見直してみると、全然できていなかったりして。
それをすぐそばで修正してくれる先生というのは、とても大きな存在になります。

 

あと、同じ志しをもつ人たちが集まっているということ。
継続するためには、仕組み化することが大切だと思っていますが、仕組み化の一つとして、「人と一緒にやる」というのがあると思っています。

練習会やるよーって言われれば、練習しなきゃって気持ちになりますからね。


ダンス練習の後には、親睦会を用意していただいており、もちろんそっちも楽しかったです。
年齢も、職業も全然違う人たちと、知り合えるのです。
社会人になってから、学生さんの知り合いが出来るなんて、思ってもいませんでしたから。

 




 

 

僕は、ダンスレッスンに参加して良かったと思っている。
ダンスの楽しさを教えてもらえたからだ。

 

正直いうと、僕はまだレッスンで教えてもらえた事を消化しきれていない。
動きにも、無駄が多い。

 

でも、これだけは、言える。
僕はトンデモナイ武器を手に入れてしまったと。

 

 

たとえば、今回教えてもらったことを使いこなせるようになり、クラブに行ってみたとしよう。

今までの世界と違って見えることだろう。

 

レッスンを受けることで、僕の戦闘力は20くらいには上がった。
常人であれば、5か6くらいしかないだろう。

 

ちなみに、先生達の戦闘力は、400は超えていると、僕のスカウターは言っている。

ちなみに400という数値は、ラディッツ編の、悟空やピッコロの戦闘力と同程度だ。

 

 

僕も早く、ヤムチャ程度の戦闘力まで引き上げたい。
ちなみに、ヤムチャの戦闘力は170程度。

 

 

次の修行が今から楽しみである。

 

 

 

おわり