読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパオトコは猛虎の夢を見るか?

尊大な羞恥心と臆病な自尊心。人喰い虎と成り果てた男の物語。果たして、人に戻れるのでしょうか。

映画「ペレ」をみた感想と一つ言いたいこと

いやはや、とてもよい映画だった。

とにかく胸が熱くなる映画である。

 

サッカーにはそこまで興味はなく、ワールドカップをやっている時期に、話のネタを得るためにみるくらいにすぎなかった。

 

が、しかし。

 

僕は、意見を改めようと思う。

サッカーすごい!

サッカー熱い!

 

ペレのサッカー愛は、僕のサッカー観を大きく変えたのだった。

 

 

とにかく、ペレはサッカーが好きだった。

一度サッカーから離れる時期があっても、結果的にはサッカーを再び始めた。

いや、マジ、そこでやめなくてよかった。

 

落ち込んでいたペレを元気付けたお父さん、グッジョブ。

犠牲になった、無数のマンゴーに感謝。

 

もし、サッカーを続けていなかったら、僕のあの感動はなかったはずだから。

 

それに、戦争を一時休戦にしたこともあるという話もある。

ペレの試合を見るために、戦争していた双方のお偉いさんが休戦協定を結んだそうだ。

 

おそるべし男、ペレである。

 

 

まだ、ペレのすごいところがある。

それは、サッカーに関する予想をことごとく外すことができるのだ。

 

ワールドカップでダメダメな成績を残すと予想したチームは、大活躍し、イケると予想したチームはダメダメだった。

選手に関しても同様だ。

ペレの予想は、ことごとく裏目になるのである。

 

てことは、ペレの予想の反対を考えれば、正確な予想になるのでは?

と思いたいところだが、たまに予想を的中させるので、油断ならない。

 

 

ペレについて興味が湧いたから、色々調べて見たら、色々出てきた。

総括すると、ペレは生ける伝説だ。

調べれば調べるほど、ペレはすごい選手であったということがわかった。

 

 

そして、最後に一つ言いたい。

僕は、映画を見終わって、色々調べて、初めてあなたの顔を知った。

 

あれ、この顔・・・

 

映画に出てたじゃないですか!

 

 

 

おわり