読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパオトコは猛虎の夢を見るか?

尊大な羞恥心と臆病な自尊心。人喰い虎と成り果てた男の物語。果たして、人に戻れるのでしょうか。

ポケモンにあやかったはなし

2016年7月22日


待望のコンテンツが日本で解禁されました。


そのコンテンツの名は、


ポケモンGO


子供の頃熱中した、あのポケモンが、スマホゲームとしてやってきました。


海外では先行リリースされていたそうですが、ようやく日本でもリリースされました。


ツイッターでも、ポケモンGOの話題で僕のTLは埋め尽くされており、クラスタ界隈も例外ではありませんでした。


なぜ、普段ゲームをしなさそうなクラスタ界隈がこんなにも注目しているのだろうか。


それは、ナンパとの親和性が非常に高いからです。



人は、自分と近い人に対して親和性を持つと言われています。


同じ趣味だったり、同じ出身だったり。


つまり、自分と共通点が多い人に対して、親しみを覚えるということです。



今や日本全国を熱狂させているポケモンGO


歩けばポケモンGOユーザーとぶつかってしまう時代になっています。


つまり、相手が今、何に対して興味を持っているかが丸わかりなので、オープンしやすいということです。


これは、僕の感覚では、今までにないナンパを始めるチャンスであると思っています。


ナンパをしたいけれど、声をかけられないという人のことを、地蔵といいます。


地蔵をする人の大半は、こう考えているそうです。


というか、僕自信も同じだったので、分かるのですが。



なんて声をかければいいのか分からない。


ということです。



なぜなら、失敗することが怖いから。



でも、これだけは言っておかなければいけない。




ナンパをしていて、失敗しないなんてことはありえない。


だって、人間だもの。


すべての人から愛されるなんてこと、全知全能の神様でなければありえないから。



しかし、それでは身もフタもない話になってしまいます。


だから、僕が自分でやってみて、失敗しないオープナーを一つ紹介しましょう。



それは、


「ここのコンセント、使っていいですか?」


です。


これだけでは、一歩を踏み出す為の後押しが足りないと思います。


このオープナーのポイントは、3つあります。


1.コンセントのあるところで

2.自信を持って

3.失敗しない


そこで、慎重な読者の方々に、一つずつポイントを解説していこう。



1.コンセントのあるところで


このオープナーの最大のポイントは、コンセントを利用すること。


むしろ、コンセントがなければ成立しない。


今、大ブームとなっているポケモンGO


すでにやっている人も、やっていない人も、存在だけは知っているこのゲーム。


少しながら、興味を持っている人がほとんどだ。


ポケモンGOは、GPSを利用したゲームのため、スマホのバッテリーを大幅に消費する。


そこを、利用する。



2.自信を持って


このオープナーは、僕のようなコミュ障でも、上手くいった。


コミュニケーションは出来るが、ナンパをする勇気はないという方は、強力な武器を手に入れたと思えばいい。


ドラクエでも、例えレベルが低かったとしても、強い武器を手に入れられれば、強い敵もイチコロだ。


そこからレベルアップしていけばいい。


3.失敗しない


そして、このオープナーの最大のポイントは、失敗しないということ。


ナンパをしたいけれど、出来ないという人は、失敗を恐れている。


失敗した姿を見られるのが恥ずかしい。


そう思っている人がほとんどではないだろうか。


しかし、このオープナーなら、仮に失敗したとしても、周りの人は気にも留めないだろう。


むしろ、ナンパをしているなんて思わない。


ただ、コンセントを使うために、ひとこと断りをいれただけだ、と思うのが普通だ。


それは、あなたが声を掛けられる立場だったら、周りで見ている立場だったら、どう思うのか。


想像してみてほしい。




さて、ポイントを解説したところで、シュミレーションしてみよう。



君は、ポケモンGOユーザーだ。


今日もポケモンゲットの為に街を歩き回った。


おや、もうバッテリーがないぞ。


用意していたモバイルチャージャーも使い果たした。


どうしようか…



おや、こんなところにスタバがあるぞ!


ちょうど良かった!


休憩がてら、充電していこう。



コンセントのある席は…


あ、みつけた!


窓際に一席あいている。



座った席は、綺麗な女性の隣だった。



バッテリーがないから、しょうがない。


女性の前にあるコンセントを使わせてもらおう。



「すみません、このコンセントつかっていいいですか?」


「あ、どうぞ」


「実は、ポケモンのしすぎで、充電がなくなってしまったんです(苦笑)」


「あ、そうなんですね(笑)」


「あなたもやってますか?僕はヒトカゲにしました。」


「私はゼニガメです」


と、自然にオープン出来る。





相手がやってなかったとしても、話題のゲームなので、話は盛り上がる。


相手からの反応が軽かったとしても、コンセントを使う為の断りだったということで、ナンパを失敗したと思われることもない。


だから、恐れることはない。


ナンパを成功させるために、大切なポイントは、自信を持って声をかけること。


後ろめたさを持つ人は、ヨソヨソしくなり、上手くいきにくい。


逆説的ではあるが、ナンパの腕を磨くには、成功体験を積んで、自信をつけるしかない。


今回、上手くいきやすいと思うオープナーを紹介したが、成功するかどうかは、あなた次第だ。


このオープナーがあれば大丈夫と、自信を持ってもらいたい。


ちなみに、このオープナーは、スタバとかの喫茶店に限らず、コンセントがあれば使用可能なので、チャンスがあればチャレンジしてみて、試行回数を稼いでみるのがいいと思います。



GOOD LUCK.





※免責事項※

本ブログの情報により、皆さまに発生あるいは誘発されたいかなる損害・犯罪・性感染症について、ブログ作者、関係者は一切その責任を負いません。