ナンパオトコは猛虎の夢を見るか?

尊大な羞恥心と臆病な自尊心。人喰い虎と成り果てた男の物語。果たして、人に戻れるのでしょうか。

ツイキャス会場で感じたインタビューの3つのコツ

こんにちは。
たいがです。
 
 
先日、芳野さんとだんさあさんの対談ツイキャスに、オブザーバーとして参加してきました。
 
お二人とも、インタビューをすることに慣れており、とても上手いと感じました。
 
 
インタビューって、実はすごく難しいんですよね。
質問するのも、回答するのも。
周りで聞いてるだけだと、なかなか分からないことなんですが・・・
インタビューは雑談と違って、自分の考えを簡潔に述べなきゃいけないからなんですよね。
それに、会話は生き物ですし。
 
 
どれだけ難しいか、試しに僕があなたにインタビューしてみますね。
あくまでインタビューなので、5秒以内に答えてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【質問】
あなたの仕事(学生なら、勉強していること)の魅力はなんですか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、すぐに答えることが出来たでしょうか?
 
 
 
大半の人は、すぐに答えられなかったんじゃないかと思います。
 
頭の中に様々な考えが浮かんだとしても、なかなか言語化できなかったのではないでしょうか?
 
 
 
 
答える例として、
 
 
「私の仕事は小学生の先生で、子供達の成長を間近でみられることが魅力です。」
 
と答えることもできました。
 
あらかじめ質問が分かっていれば、回答は容易でなんですけどね。
 
質問の答えを考えていけば良いんですから。
 
 
 
 
ただ、インタビューをしていると、必ず想定外の会話が生まれます。
 
それがインタビューのいいところだとも思いますが、難しいところでもあります。
 
 
 
 
 
ただ、僕の質問にも悪い点があります。
 
それは、最初から複雑な質問をしている点です。
 
この質問の仕方だと、質問された側の頭の中はこうなります。
 
 
「まず、自分の仕事は・・・
なんて説明しようか??
あ、それで、魅力かぁ・・・
なんだろ?」
 
 
と混乱してしまいます。
 
 
一度に、2つの事を同時に考えているからですね。
 
 
一つ目は、自分の職業について。
 
そして二つ目は、その魅力について。
 
 
 
 
 
なので、本来はこう質問するべきでした。
 
 
「あなたの仕事はなんですか?」
 
と、簡潔に。
 
 
そうすれば、
 
 
「小学校の先生をしています」
 
 
「そうなんですね。ではその魅力はなんですか?」
 
 
「いろいろありますが、一番は子供達の成長を間近でみられることです。」
 
 
と、スムーズにインタビューを進めることができます。
 
 
 
これは、
「クローズド・クエスチョン」と、
「オープン・クエスチョン」を組み合わせたものなのですが、それはまた別の機会にまとめる、かもしれません。
 
 
 
 
さて、ここまでで分かったことがあります。
 
それは、インタビュアーの質問次第で、回答者の難易度が変わる。
 
 
ということです。
 
 
 
今回のツイキャスは、お二人とも、スムーズにインタビューをされていました。
そこから、僕が実際にツイキャス会場で感じ、コツだと思ったことをまとめていきます。
 
 
ちなみに個人的感想ですので、その点ご了承ください。
 
 
 
 
今回ご紹介するポイントは3つ
 
 
1.全体の流れは本の目次のように
 
2.感情で掘り下げる
 
3.ズバッと話題を切り替える
 
 
 
では、順番に見ていきましょう。
 
 
 
 

1.全体の流れは本の目次のように

 
まずインタビューの全体の流れとして、感じることがありました。
 
インタビューは、本の目次のように進行するのがいいということです。
 
大項目の、A、B、Cを大まかな流れとし、Aの中の中項目としてA-1、A-2、A-3、そしてその流れで小項目・・・という流れ。
 
Aという全体像を見せて、実際に聞くのは中項目のA-1、そこから小項目のA-1-1、そして、A-1-2について、という質問の仕方のように感じました。
 
 
図にすると、こんなイメージ
 
f:id:tiger-kanbaru:20180511221148j:image
 
 
インタビューをする大枠を決めておいて、あとは会話の中で掘り下げていく。
 
その方法がスムーズに進行できます。
 
こうする事で、各話題の中で、多少脱線しても、話を元の流れに戻す事が出来るからです。
 
POINT
 
インタビューは、本の目次のように進める。
 
 
 

2.感情で掘り下げる

 
インタビューをして、もうちょっと掘り下げたい話題があった時、その時の感情を聞き出していました。
 
回答者の答えに対し、
 
・その時どう思ったんですか?
 
・その時どう感じましたか?
 
という質問。
 
 
例えば、
 
「あなたが初めて担任を持ったのは、何年生ですか?」という質問に対し、
 
「2年生でした」という回答。
 
それに対し、
 
「なるほど。2年生の担任を任された時、どのように思いましたか?
 
「2年生というと、学校にまだ慣れきっていない年齢です。しっかりとフォローしていかなくてはならないと思いました」
 
といった流れになるように。
 
 
感情を掘り起こすことで、さらに広く、話題を広げる事ができる、いい質問方法だと思いました。
 
 
POINT
 
詳しく知りたいことは、感情を掘り下げること。
 
 
 

3.ズバッと話題を切り替える

 
インタビューをしていて、
 
 
「あ、聞くことがなくなっちゃった」
 
 
という雰囲気になる時がありますが、そんな時は、思い切って次の話題に移っていました。
 
 
 
「では、次の質問です」
 
とか
 
「なるほど・・・次に進みます」
 
 
 
といったように。
 
 
雑談と違って、相手の考えを聞くことが目的なので、あんまり文脈にこだわらなくてもいいのかなと感じました。
 
 
あと、次の話題に進まなくてもいいテクニックがあると思ったのが、
 
 
「前に出た回答に対する掘り下げ」です。
 
 
インタビューの流れに逆らって、少し前に出た話題に、これまでに出た話題を絡めて掘り下げた質問をするといったイメージ。
 
全体のフローからすると
 
A-3からA-2-3にジャンプする流れ。
 
f:id:tiger-kanbaru:20180511221713j:image
 
話の進行により、今までの話と掛け合わせて、新しい切り口を見つける。
 
そんな方法もあるのだなと気付かされました。
 
 
POINT
 
無理をしないで、次の質問へ進んでもいい。
時には、前の回答を掘り下げる。
 
 
 
 

まとめ

 
インタビューを進めるための3つのポイントまとめ
 
1.インタビューは、本の目次のように進める。
 
2.詳しく知りたいことは、感情を掘り下げること。
 
3.無理をしないで、次の質問へ進んでもいい。
時には、前の回答を掘り下げる。
 
 
 
まとめてみて思ったこと。
 
インタビューは、奥が深い。
 
何故かというと、インタビューは台本通りに進行しないからです。
 
会話の流れで、いろんな話が飛び出てくるし、それによって話の進み方が全然違ってくる。
 
同じ台本で100人にインタビューをすれば、100通りの流れが出来上がる。
 
それ以上に、同じ人に、同じ台本でインタビューしても、毎回違う内容になるでしょう。
 
 
 
良いインタビューは、インタビュアー次第。
 
そのこと、身をもって知ることが出来たこと、関係各位に感謝申し上げます。
 
 
 
 
で、ここからは、個人的にツイキャスで面白いと思ったこと。
 
 
今回二人の会話を聞いていて、面白いなと思ったのが、
 
エピソードの語り方が上手いということです。
 
 
インタビューされたことに対して、
 
【自分の考え→それを考えるに至ったストーリー】
 
という流れで話していたんですよね。
 
 
主張に説得力が増す方法だなと。
 
話しを聞いている時、「なるほどな」と頷いていました。
 
 
 
お二方の話で、個人的に面白いと思った話もあります。
 
だんさあさんの、オーディションの話や、学生時代の音楽の話。
 
芳野さんの、文系脳・理系脳の天気予報どうだった?に対する回答の違いの話や、出来ない先生は具体的に説明できないという話。
 
 
この話は、僕の中ですべらない話認定でした!(勝手に認定してすいません!)
 
 
 
僕的に大満足のツイキャスでした。
 
実は、第2回を企画されているそうです!
 
うーん、今から楽しみ!
 
 
次回、ツイキャスを聞かれる方は、僕のこの記事を思い出しながら聞いていただけると、インタビュー進行という面で、学ぶことがあるかも・・・しれません。
 
 
もし、「これはいいものだ!」と思ったら、拡散よろしくお願いします!
 
 
 
おわり

僕はナンパができない

僕はナンパが出来ない。
そう思うことがあったので、ここに残そう。
 
昨日のこと。
僕は街に出た。
 
少し自分だけの時間ができたからだ。
 
風が気持ちいい。
月が綺麗だ。
 
こんな日は、素敵な出会いがある。
そんな予感がした。
 
僕は、期待に胸を膨らます。
決して、股間ではない。
 
素敵な出会いがあれば、それでいいから。
 
 
さて、街に出た。
GWが終わるのを惜しんでか、街は活気にあふれている。
楽しそうにしている人がたくさんだ。
 
楽しそうな人は、複数でいる。
カップル、男グループ、女グループ、男女グループ。
みんな思い思いに楽しんでいる。
 
僕は、一人でいる子に声をかけたかった。
街に取り残され、寂しい思いをしている。
 
だから、僕にも振り向いてくれると思った。
 
 
いた。
 
僕は茶髪の女性を追い越した。
振り向きざまに声をかける。
 
彼女は、驚きつつも、僕に答えてくれた。
 
話はあまり弾まず。
 
僕は彼女にお礼を言って、その場を立ち去った。
 
 
久しぶりのナンパだ。
気楽に行こう。
 
 
その後も何人かに、声をかけた。
皆、楽しそうに話をしてくれる。
 
でも、僕は何もせずに立ち去った。
 
何かが違って感じたからだ。
 
 
そろそろ街に出て1時間ほど経とうとした時。
僕は、一人の女性とすれ違った。
 
メガネがよく似合う、色白の女性。
透き通る肌に、厚ぼったい唇。
 
僕は思わず目を奪われてしまった。
 
 
思わず引き返す。
 
 
「すいません」
 
彼女を追い越し、振り向きざまに声をかけた。
 
「はい!?」
 
彼女は驚いたように、返事をしてくれた。
 
 
「実はこれから飲み会なんですけど・・・」
 
と身の上話をした上で、彼女を立ち止めした。
 
 
近くで見るほど美しい。
近くで見ても美しいとは、本当の美人だ。
 
 
僕は、彼女の美しさに飲み込まれないように、
冷静に会話をしていた。
 
 
「あと30分くらいなんですが、一緒に飲みませんか?」
 
「はい、いいですよ」
 
 
と、連れ出し打診が成功した。
 
 
でも、僕は思いとどまった。
 
 
なんとも言えぬ不安に襲われてしまったから。
 
 
こんな美人を連れ出せるのか?
 
何か、見落としていないか?
 
 
そう、一瞬で頭の中を不安が巡ったのだ。
 
 
 
「あ、ごめん。友達から連絡が来たみたい。」
 
「あ・・・そうなんですね」
 
 
僕は、彼女の瞳を見て、少し寂しさを感じているような気がした。
 
 
 
今思えば、そういうラッキーもあるのかもしれない。
 
クラスタの話を聞くと、芸能人と知り合ったという人もいるくらいだから。
 
でも、あの時は冷静ではいられなかった。
 
 
まるで、自分のタイプが具現化されたかのような美しさだったからだ。
 
 
 
もっと、腕を磨き、自信をつける。
 
そうすることで、今回と同じ過ちを犯すことはないだろう。
 
 
僕はナンパができない。
 
 
そう思った、一夜でした。
 
 
 
おわり

【娼年】という生き方は江戸時代からあったのだ

少年という映画が流行ってますね。
主演は松坂桃李さん。
 
これはガチのイケメンですわ。
男の僕でも、ビンビンになってしますね。
 
ちなみに、僕はまだ鑑賞をしておりません。
 
過去に原作を読んでおりました。
 
僕が読んだのは、中学生の時。
図書館にて何か本を借りようと思い、有名な石田衣良さんの作品という理由だけで手に取りました。
 
今思えば、娼年というタイトルに、何か惹かれるものがあったのかもしれません。
 
内容は、普通に面白かったですね。
文学作品としては、少し性描写が強く感じるくらいで。
当時の僕には、十分な刺激でした。
 
また、こんな世界があるんだなと、異世界転生モノを見ている気分にもなりましたが。
 
ストーリーも、20歳の少年が、ボーイズクラブに所属。
いろんな女性とセックスし、楽しませる。
 
と、この時点で異世界感が半端なかったです。
にもかかわらず、40歳のオーナーに恋をしたり、おばあちゃんをビクンビクンとイかせたりと。
まあ、驚きの連続でしたわ。
 
今となっては、複数の女性と関係を持とうが、何歳の人と恋に落ちようがあまり驚きを感じなくなりましたが。
 
 
ちなみに、ここからはウンチクです。
 
江戸時代、陰間茶屋というものがありました。
陰間というのは、男娼のこと。
 
線香をたてて、尽きるまでのおよそ60分くらい買い手の相手をします。
相手をするとは、つまりそういうこと。
 
 
主な客は僧侶でした。
ただ、女性客をあいてにすることも多く、大半が大奥の女性だったそうな。
 
大奥の女性たちは、男性経験がないのがほとんど。
たまに城外に出かける用事があると、チャンスとばかりに陰間茶屋に行ったんすね。
 
なぜ、そこまで流行ったのか。
 
それは、陰間茶屋の良い点として、後腐れがなかったこと。
そして、女性を大いに満足させられるサービスを提供していたから。
 
つまり、サクッと、良質なサービスを受けられたからです。
 
 
もともと、陰間とは、子供の頃からの役者の候補生でした。
なので、元々の外見が美しかった。
 
そんな男たちが、さらに美しくなるために、様々な努力をしました。
 
・身体を美しく保つために、ザクロの皮の石鹸で顔や身体を磨く。
・鼻を高くするために、毎晩板で鼻を挟んで寝る。
・体臭に気を使い、魚、貝、鳥、芋を食べない。
・歩き方を正す
 
などなど
 
当然、楽しませる芸や夜の技法を仕込まれたんですね。
 
美しく、セックスも楽しませられる。
これは、まさに最強ですわ。
 
 
娼年の主人公や、陰間茶屋で働いていた方々。
多くの女性を楽しませるプロ。
もともと美しいのに、努力により、美しさへ磨きをかける。
 
やっぱり、プロってすごいなって思いました。
 
ダイヤモンドの原石を、ピカピカになるまで磨きをかけ続けられるんですから。
 
 
それに比べて、僕はただの石ころ。
でも、磨けばピカピカにはなれる。
 
こんな石ころを拾ってくれた、天使を喜ばせたいのだ。
 
娼年は、多くの女性を喜ばせました。
多くの女性を楽しませるため、プロとして務めました。
 
 
僕には多くの女性を楽しませることはできません。
 
でも、僕は天使を楽しませるプロでありたい。
美意識を高く持ち、楽しませる技法をもつ。
 
多くのことを極めることができなくても、一つくらいなら極められるでしょ。
 
 
おわり

ゴールデンカムイを観て思ったこと

最近、ゴールデンカムイというアニメを見ています。
天使が見ている横で見始めたのがきっかけでした。
 
ゴールデンカムイという物語の、ざっくりしたあらすじ・・・
 
舞台は明治時代末期の北海道。
主人公である、元陸軍兵、杉本佐一は、戦死した親友の願いを叶えるため、アイヌが秘蔵していた金塊を探す。
そのパートナーが、アイヌの少女・アシリパ。
アシリパは、殺された父の仇を討ちたいと願う。
二人は協力し、互いの目的の達成のため、戦いへと身を投じていく。
 
という話。
 
単純に、物語が面白いです。
この先どうなるんだ?
と思わせられる、ストーリー性があります。
 
ただ、それ以上に、物語の寄り道と言える、小ネタが面白い。
ゴールデンカムイを見ているだけで、アイヌ文化に詳しくなっていきます。
 
アイヌの方言だったり、価値観、食生活。
 
こんなのがあったんだ、と、毎週思わされます。
 
 
たとえば、「ヒンナ」という言葉は、どういう意味か分かりますか?
 
正解は「おいしい」という意味です。
 
 
では、「オソマ」という言葉は、どういう意味か分かりますか?
 
正解は、調べてみてください。
 
 
人の名前に使われたりもします。
 
が、それにもちゃんとした意味があるので、合わせて調べてみると面白いですよ。
 
 
 
と、ゴールデンカムイの魅力について、ざっくりと紹介しました。
 
 
 
ゴールデンカムイという作品は、とても面白いです。
ただ、面白い以上に魅力的な部分があって。
 
それは、この作品を通して、アイヌ文化に興味を持つ人が多くいるということです。
 
ゴールデンカムイという作品によって、アイヌ文化に興味を持ってもらえるという、作品のデザイン性がとても素晴らしいと思いました。
 
これを別のテーマで、別の作品として提供していけば、どんどんと需要を生み出せるんじゃないかと。
 
地域じゃなくても、国や、スポーツ、文化について、いくらでも応用ができそうです。
 
 
ということで、これからは、ゴールデンカムイを見まくって、成功の方程式を導き出そうかなと思っています。
 
いやはや、マジで作者の野田サトル先生はすごいっすわ。

競馬場へ行ってきた!

競馬を始めてだいたい一年が経ちました。

馬券を買い始めて、万馬券をとって喜び、タテ目に泣きという経験をしてきたのですが、今の今まで、競馬場に行ったことがありませんでした。

 

前から行きたいとは思っていたのですが、事情があり、なかなか行くことが出来なかったのですが、この度競馬場デビューを果たすことができたのです。

 

初めての競馬場。

大興奮でした。

 

なんといっても、馬を生で見ることができたからです。

 

f:id:tiger-kanbaru:20180212000739j:image

 

正門の様子。

 

府中競馬正門前駅から直通です。

 

馬の像がありました。

金ピカです。

 

f:id:tiger-kanbaru:20180212003530j:image

 

この馬は、「アハルテケ」といって、黄金の馬と言われているそうです。

像は金ピカでしたが、実際の馬も金ピカだったそうな。

 

f:id:tiger-kanbaru:20180212001413j:image

 

隣にいる女性も金髪で可愛いですね。

 

あと、逸話がありまして、一人の人間にしか懐かないそうです。

黒王号みたいですね。

 

f:id:tiger-kanbaru:20180212001535j:image

 

脱線しますが、黒王号であれば、G1制覇も夢でないですね。

海外でもブイブイいわせそうです。

 

人も凄かったですねぇ。

メインレースに向けて、人がどんどんと増えて行きます。

 

その様子がこちら。

f:id:tiger-kanbaru:20180212001749j:image

 

G1レースが開催される時など、ハンパなさそうですね。

 

過去最高に入場者数が集まった時は、1990年の日本ダービーの時。

なんと、19万6千人程の入場者数があったそうです。

 

歓声は、まるで地割れのようだったでしょう。

ちなみに、2017年の日本ダービーの時は、12万人程。

 

7万人も違っても、歓声は地鳴りのようだったとききます。

1990年の時、ガラス割れたんちゃうかな。

 

 

 ここからは、フォトギャラリー。

 f:id:tiger-kanbaru:20180212002758j:image

f:id:tiger-kanbaru:20180212002811j:image

f:id:tiger-kanbaru:20180212002830j:image

f:id:tiger-kanbaru:20180212002843j:image

 

パドックもちゃんと見てきました。

今回、買う予定だった馬のパドックを眺めてきました。

 

これが、その馬券。

f:id:tiger-kanbaru:20180212003011j:image

 

これが、パイオニアバイオ。

f:id:tiger-kanbaru:20180212003028j:image

 

結果は…

f:id:tiger-kanbaru:20180212003159j:image

 

惜しくも2着。

 

まあ、楽しかったから良しとしましょう。

 

ありがとう、ドキドキできたよ。

 

 

最後に。

ビール美味しかった。

勝利の美酒としたかったのですが、それは次回に持ち越しです。

 

f:id:tiger-kanbaru:20180212003411j:image

欲深き人へ

強欲は大罪であるといいます。

七つの大罪に数えられるほど。

それほどグリードはいかんと言われているのです。

 

今年はナンパをしたり、投資をしたりと、今までの人生では考えられないことにチャレンジしてきました。

 

やっぱり実行してみると、見えてくるものがありますね。

本を見たり、計画をしたり、準備をしたりすることは大切ですが、実際はそんなに計画通りにいきません。

 

うまく行くわけがありません。

 

僕が観察している界隈を見ていて、ああー、これだと思ったことがあります。

 

仕事をうまく回すために必要なのがPDCAというものがあるのですが、実際はDCAPであるということです。

 

P...plan

D...Do

C...check

A...Action

 

有名ですよね。

 

計画して、実行して、何がダメだったか考えて、また実行する。

 

ほとんどの人は、計画の段階で終わっちゃうんですよね。

 

計画したけど、上手くいくか不安だ!ということで。

 

僕は今までこうでした。

 

たけど、やってみろと。

 

ナンパも、投資もやってみろと。

失敗してもいいくらいの範囲で。

 

ナンパなんてフリーランチです。

失敗しても、なにも失うものはない。

強いて言えば、時間ですね。

 

まあ、それも投資の一部という感覚となってますけどね。

 

たとえば、野球が趣味な人がいて、野球が上手くなるために練習しまうよね。

練習する時間は無駄ですか?ということです。

 

やってみろと。

 

で、やり始めたら、出口を決めろと。

 

全てにおいて、どこで逃げるかという事が大切です。

投資をしている人へ。

 

投資をしていて、含み益が出る事があるでしょう。

でも、利確するまでは、それはあなたの利益ではありません。

 

いつ、暴落するか分からないからです。

 

ナンパもそう。

ナンパをして、美女とまぐわって、さらなる美女との出会いを求める。

 

でも、いつまでもナンパが上手くいくでしょうか。

テクニックは大切ですが、年齢も考慮すべきでしょう。

50歳を超えたおじいさんが即れるとは思いません。

 

結論、欲が深い人は、結果的に損をするということです。

欲が深いと、損をする。

 

そんな事が言いたかったので、このエントリーを書きました。

 

おわり

楽しみがまた一つ

楽しみにしていることってありますか?

僕は先日、楽しみにしていた事を、実行して来ました。

 

他人からすれは全然大したことはないし、とびきり贅沢をするわけではないことなのですが。

でも、ずっと楽しみにしていた事を実行するという事が、とても嬉しかったです。

 

これって、モチベーションを維持するために、とても大切な事だと思うんですよね。

なんていうか、大きな目標を達成するために、所々に小目標を設置するみたいな。

 

マラソンの途中途中に給水所があるように、大きな目標を達成するために、小さな目標が必要なわけですね。

 

それも、大した事なことじゃなくていいと思うんですよね。

 

今日は、あれを食べたいな。

今日は、あれを見に行きたいな。

 

とか、そんな些細なことでいいのかなと。

 

僕は、そんな小さな楽しみを生きる糧として、今日も楽しんでました。

 

 

おわり